立川談志 古典落語特選 DVD-BOX |立川談志

立川談志 古典落語特選 DVD-BOX
出演:
ポニーキャニオン
発売日 2003-07-16
定価:¥19,950(税込)
価格:¥17,955(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送




このシリーズの企画は、もう少し早くしてほしかった。
 第一巻の「ずっこけ」の冒頭、高座に上がった瞬間に家元が倒れるというギャグを披露する。まるで、ビートたけしだ。これは、家元の病気が発表されてからのことで、盛んに「声が出ない」といいながら、必死で高座をつとめている。
 「佐平次」は、「談志独り占め」で66分の熱演があるが、こちらは実質スタジオ録画だから、ライブ版としては、、これが最高だろう。
 第2巻の「代書屋」「つるつる」は、演じながら解説をいれるという方法をとっているが、そうしないと通じないということか? 
 第3巻の「芝浜」は、古今亭志ん朝や柳家小三治型の押さえた演出でなく、まさに人間の業を正面から取り上げた熱演で、熱くなる。
 第4巻の「松曳き」「野ざらし」は、特に後者について、下げを工夫した完全版を期待したい。
 第5巻の「子ほめ」「粗忽長屋」。前者は居間に通じない話を旨く処置しているのはさすがだ。後者は、かつて「主観長屋」と題して演じていたものを少し、もどしてマイルドにしているが、なお、試行錯誤を繰り返されることを期待したい。
 「声が出ない」となる前に始めてほしかった。
 追伸・・・唯一の不満は、まくらの部分の一部が、明らかに編集してカットされていることだ。これは、ひょっとして家元のことだから強烈な発売に耐えない過激な発言があったためかもしれないが、そういう小細工はしてほしくなかったなあ。そこだけが不満だ。
 追伸2・・・11月13日記したが、誤って、このシリーズの第一巻の方にレビューを書いてしまいました。5巻まとめて書くつもりだったのですが。すいません。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ZHCZ | お笑いDVD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。